SAN-EI CO.,LTD.
 HOME > ぬいぐるみのお手入れ方法







     

ぬいぐるみの生地(パイル地)


 ぬいぐるみの生地は大きく分けて、毛足の長いハイパイル(毛足の長さ15〜150mm)と短い短パイル(毛足の長さ4〜20mm)があり、短パイルのことを総称してボアと呼びます。

 下地はいずれもアクリルのメリアス編みですが、そこにパイルとなる繊維をはさむときにハイパイルは綿を直接編みこみ、ボアは糸を編みこむという製法上に違いもあります。また、編み終わったパイルにブラシをかけたり(シャーリング)、カット、加工等を施すと、表面の違った生地になります。

 ぬいぐるみのほとんどはアクリル100%もしくはポリエステル100%(中綿は、ポリエステル100%)の石油系の繊維で作られていますから、ダニは寄ってきません。しかし、いったん『汚れ』がつくと、その汚れにダニが寄ってきます。ダニ予防のためにぬいぐるみはいつも清潔にしてあげてください。

 

ぬいぐるみの目・鼻


 ぬいぐるみの目や鼻は、生地を痛めず、変質しにくいプラスチック製。

 取り付けもプラスチック製のワッシャー(留具)を使用しています。(一部、リアルな表情を出すために、糸で目玉を引いて留める、「ひきめ」という方法もあります。

 一度はめ込むと(右上図)ワッシャーは逆に引いてもはずれなくなります。無理に引っぱると生地が裂けるので気を付けてください。

 

 

 

ぬいぐるみの取扱い


 梱包されていたぬいぐるみは、毛並みが寝ている場合があります。袋から出し、逆さにして振るか、ブラシで毛並みを整えると、もとにもどります。ブラシはやわらかいブラシかペット用ブラシを使用してください。

 

−ぬいぐるみの洗い方−


(拭き洗い)部分的な汚れや、大きくて丸洗いできない場合。

1.うすめた中性洗剤をしみこませたタオルで汚れた部分を拭き洗いします。そのあと、水でぬらし固く絞ったきれいなタオルで洗剤をよくふき取ります。

2.乾いたタオルで充分水気をとり、形を整えて風通しのよい日陰で完全に乾かします。

3.毛並みがみだれたら、軽く手でなでつけるかブラッシングしてください。

(丸洗い)手洗い(一部商品には丸洗いできないものもあります。)

1.リボン等の付属品をはずします。

2.うすめた中性洗剤でもみ洗いします。(特に汚れのひどい部分は、たたき洗いをしてください。)

3.充分すすぎをしてください。

4.ぬいぐるみを乾いたタオルにくるみ、洗濯機で脱水します。

5.形を整えて、風通しの良い日陰で完全に乾かします。

6.毛並みがみだれたら、軽く手でなでつけるかブラッシングしてください。

※以下の点にご注意願います。

 丸洗いの場合ネットに入れて洗濯機でも洗えますが、目や鼻などのプラスチック部分に傷がつく可能性があります。

 ぬいぐるみは衣服と同じで、繰り返し洗いますと型崩れや色落ちする場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 パイル地の表面の加工によってはブラッシングできないものもあります。

 
 
       
Copyright (c) SAN-EI CO.,LTD. JAPAN All rights reserved.